ロボット・メカトロシステムの分野
Robot & Mechatronics

FA化(工場自動化)の生産現場には搬送、加工、組付などを行うさまざまな生産設備が必要です。どのような機械や装置、ロボットが必要か、お客様と打ち合わせをしながら、構想を練り、仕様を決めていきます。そして決定した仕様をもとに機械設計の設計、製作に入り、ある程度カタチが見えてきたところで、制御システムを組み込み、施工、試運転、最終的な生産の立ち上げ、稼働後の保守サポートまで行います。

また、複雑化する生産工程において、生産性向上に欠かせないのが、人間の腕のような動きを疲れることなく繰り返し、正確に行う産業用ロボットの存在。お客様にとって最適なロボットの動き、ロボットハンドのつかみ具合を調整するために、電機制御やプログラムを組み込み、ロボットに動作を覚えさせるティーチング作業を行います。

さらに、製品を安定かつ正確につかみ取るために、3Dビジョンセンサーで、バラ積みされた多種多様なワーク(加工対象物)の状態を確認し取り出す(ランダムピッキング)知能ロボットシステムや、昨今需要の高まりを見せる、より小型で人と協力して作業できる協働ロボットの開発・製作にも力を入れています。

機械・ロボットを動かすためには、機械の設計の他に、プログラム、制御の知識など幅広い知識が必要となるため、他分野の技術者とも情報を共有しながら、仕様や動きを検討していくことになります。お客様や働く仲間とともに、課題を一つひとつクリアし、機械・ロボットが思い通りにカタチになり、お客様に喜んで頂ける姿が見られることは、自社内で製作まで行う明和eテックならではの大きなやりがいです。