AI・ITの分野
AI・IT

生産現場の情報を収集して活用し、品質の維持向上に役立てるシステムの開発・設計・製作を行っています。当社の代表製品、トレーサビリティ(生産履歴)システムは、生産工程における部品情報を収集、分析し、不良品流出防止や品質向上に役立てます。

当社のシステムは、お客様のニーズに合わせたカスタマイズ製品。ニーズに応えるのはもちろんですが、よりよい稼働のため、集めたデータをどのように有効活用したらよいか。常に、そういった可能性を描きながら、生産環境を知り尽くした当社ならではのより良いシステムづくりを目指しています。

入社するとまずは、上司や先輩のフォローのもと仕事の進め方や技術を学び、徐々に一つの案件を任されるようになります。昨今では、当社海外拠点の他、ポーランドやブラジルなどにSV(現場監督者)として出向き、現地のソフトウェア導入を行う機会も増えてきています。

また、昨今、当社が力を入れているのが、AI(機械学習/深層学習)機能を付加した「2D/3D画像検査システム」や「予防保全システム」の開発。画像検査システムは、人の目に代わって2D・3Dカメラを使い、不良品を検出します。予防保全システムは、独自のアルゴリズムで設備が故障する前に兆候を管理し、製品の品質向上につなげます。

世界に一つだけの新たな製品を生み出せるシステム開発という仕事は大きなやりがい。お客様のニーズに応えるために、いつもアンテナを張って最新トレンドをキャッチし、“最先端技術”を提供できるように、日々、チャレンジ精神を持って取り組んでいます。